<<初心者におすすめのレンタルサーバーはこちら!>>

WordPress専用サーバー、wpX Speedのおすすめプランや特徴を紹介!

wpX Speed

 

本サイトはスペック等公開されている情報をわかりやすく解説するサイトになります。
実際に使ってみての感想や体験ではありませんので、ご注意ください。

サイト内の価格は原則税抜きとなっています。

WordPressでブログをする際に必須のレンタルサーバー。

世の中には様々な種類のサーバーがありますが、その中にはWordPress専用のサーバーも存在します。

今回はそんなWordPress専用サーバーである「wpX Speed」を紹介します!

 

このページではこんなことがわかります。

  • そもそもWordPress専用サーバーとは
  • wpX Speedの特徴
  • wpX Speedのおすすめプラン

ぜひ最後までご覧ください!

wpX Speedはこちら!

そもそもWordPress専用サーバーとは何?

Pete LinforthによるPixabayからの画像

wpX Speedの説明をしていく前に、そもそもWordPress専用サーバーとは何なのかということについて解説します。

 

WordPress専用サーバーとはそのままですが、WordPressにしか利用できないレンタルサーバーになります。

実は多くのレンタルサーバーではWordPress以外にも他のツールを利用できたりします。

 

しかし、WordPress専用サーバーの場合はWordPressしか利用できません。

その中の1つがwpX Speedになります。

 

  • WordPress専用サーバーはWordPressしか利用できないサーバー
  • 実は一般的なサーバーではWordPress以外にもさまざまなツールを使えたりする

wpX Speedはこちら!

wpX Speedの概要

(出典:wpX Speed)

サーバータイプクラウド型レンタルサーバー
料金1時間2円~
WordPress利用可能
お試し期間なし
(キャンペーン時にはある場合も)
wpX Speedはこちら!

wpX Speedは先述したようにWordPress専用サーバーになります。

 

wpX Speedはレンタルサーバーで有名なエックスサーバーを運営するエックスサーバー株式会社が運営しているサーバーになります。

エックスサーバーは記事作成時点で運用サイト数が190万件を突破しています。

そのため、運営会社がエックスサーバーを運営している会社ということですので、かなり安心して利用できるのではないでしょうか。

 

個人的にはwpX Speedはこのような方におすすめだと思います。

  • 速いサーバーを使いたい方
  • 安定した環境でブログ運営を行いたい方
  • WordPressブログを始めようと思っている方

wpX Speedはこちら!

 

では、wpX Speedにはどのような特徴があるのでしょうか。

wpX Speedの特徴

次にwpX Speedの特徴について解説していきます。

 

wpX Speedにはこのような特徴があります。

  1. WordPressに特化している
  2. プランが豊富
  3. ストレージにNVMeが採用されている
  4. リソースが確保されている
  5. 自動バックアップが無料

wpX Speedはこちら!

ではそれぞれ詳しく解説していきます!

1.WordPressに特化している

Pete LinforthによるPixabayからの画像

まず、WordPressに特化しているという点です。

 

繰り返しになりますが、wpX SpeedはWordPressに特化したサーバーとなっています。

そのため、WordPressに最適化されたサーバーとなっています。

 

WordPressの表示速度は国内No.1(※1)となっており、速度も期待できるでしょう。

 

ちなみに、ストレージにはNVMeが採用されています

このNVMeについては後述しますが、こちらを採用することによって従来のSATAピュアSSDに比べて16倍以上(※1)も読み込み速度が向上しているとのことです。

 

  • WordPressに特化したサーバー
  • サーバーがWordPress向けにチューニングされている
  • 公式サイトによるとWordPressの表示速度が国内No.1(※1)

(※1 詳しくは公式サイト下部をご確認ください。)

2.プランが豊富

WokandapixによるPixabayからの画像

次にプランが豊富だという点です。

wpX Speedには7つのプランが用意されています。

 

プランの数が多いと迷う」と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

しかし、プラン数が多いことで、自分のサイトの規模にあったプランで契約することができます

一般的なレンタルサーバーだとプランの数は3つになります。

 

そのため、

サイトの規模が大きくなってきて少し重く感じるようになったけど

1つ上のプランにするまでもないよなー。

ということになったりします。

 

しかし、wpX Speedの場合は7つプランが用意されているので自分のサイトの規模にあった最適なプランを選ぶことができるということです。

 

また、プラン変更も柔軟に行えるのも特徴です。

wpX Speedは上位プラン、下位プランへ自由に変更可能です。

 

サーバーによっては上位プランへの変更はできるけど、下位プランへは変更できないというところも多いです。

しかし、wpX Speedでは上位・下位共に変更可能です。

 

プランの変更に関してはアクセス増加時などに自動的にプランをアップさせることができる「オートスケール機能」もあります。

こちらを設定しておくことで、アクセスが増加したときなどに自動的にプランの変更が行われます。

そのため、ブログがバズったときなどにサイトが落ちにくくなります

この機能があるのも特徴の一つです。

 

さらに、料金が1時間単位となっています。

wpX Speedの料金は1時間○円となっています。

つまり、使った分だけ支払うという形になっています。

 

例えばW1プランは1時間2円となっています。

このプランで24時間使った場合は2円×24時間で48円となります。

このように、1時間単位で請求されていく仕組みなので、短時間の利用にもおすすめです。

 

ちなみにどのプランでも上限が設定されています

例えばW1の場合、上限が1,320円となっています。

通常W1で30日間まるまる契約した場合、

2円×24時間×30日で1,584円となります。

 

しかし、上限が1,320円となっているため、それ以上請求されることはありません。

つまり、30日間まるまる使った場合は1,320円が利用料金ということになります。

ここでは1時間単位の料金のみ税抜で記載しています。
  • プランが7つも用意されているため、自分のサイトの規模にあったプランで契約できる
  • 上位プラン、下位プランへの変更が自由
  • 1時間単位での請求のため、短時間の利用にもおすすめ

wpX Speedはこちら!

3.ストレージにNVMeが採用されている

lab4artさんによる写真ACからの画像

次にストレージにNVMeが採用されているという点です。

NVMeとはストレージの種類の一つになります。

 

ストレージはこれまでHDD、SSDの2つが主流でした。

しかし、最近ではここに「NVMe」というストレージが出てきました。

 

このNVMeとはSSDの上位互換のようなもので、HDD、SSDよりもはるかに速いストレージとなっています。

記事作成時点では日本国内のレンタルサーバーとしては今の所wpX Speedと、あと1サービスのみでしか確認できていません。(※2)

そのため、ストレージに関しては最先端と言っても過言ではないでしょう。

 

wpX SpeedによるとNVMeを採用することでこれまでのSATAピュアSSDに比べて読み込み速度が最大16倍(※1)になったとのことです。

(出典:wpX Speed)

先述したように、wpX SpeedのサーバーはWordPressに最適化されたサーバーとなっています。

そのため、かなり速いサーバーを期待できるのではないでしょうか。

  • ストレージにはNVMeが採用されている
  • NVMeは仕様上はHDDやSSDよりも速い
  • 公式サイトによるとSATAピュアSSDに比べて読み込み速度が最大16倍(※1)になったとのこと

(※1 詳しくは公式サイト下部をご確認ください。)

(※2 筆者調べ)

4.リソースが確保されている

Photo by Luan Gjokaj on Unsplash

次にリソースが確保されているという点です。

wpX Speedではリソースが確保されています。

 

リソースとはCPUやメモリなどサーバーの処理を行うパーツになります。

通常の共用サーバーの場合、リソースも共用となっています。

そのため、同じサーバー内の他のユーザーのサイトが重くなると自分のサイトも重くなってしまうことがあります

 

一方でwpX Speedの場合、リソースが確保された状態でサイトの運営を行えます。

そのため、同じサーバー内の他のユーザーのサイトが重くなっても自分のサイトには影響が出にくくなります

安定してサイトの運営を行いたい方にもおすすめと言えるでしょう。

 

共用サーバーは場合によってはサイトにアクセスができなくなったりすることがあります。

そのような事態になると機会損失となり、せっかくのアクセスが無駄になってしまいます。

  • ストレージにはNVMeが採用されている
  • NVMeは仕様上はHDDやSSDよりも速い
  • 公式サイトによるとSATAピュアSSDに比べて読み込み速度が最大16倍(※1)になったとのこと

5.自動バックアップが無料

ハイシィさんによる写真ACからの画像

最後に自動バックアップが無料という点です。

 

wpX Speedには自動バックアップ機能が用意されています。

この自動バックアップ機能を利用することで、サイトに不具合が発生した場合でも不具合を最小限に抑えることができるかと思います。

 

wpX Speedでは毎日サーバー側で自動でバックアップを取ってくれます。

バックアップの保存期間は7日間となっているそうです。

 

自動バックアップ機能は全プランで無料で利用できるとのことです。

また、データの提供も無料とのことです。

自動バックアップ機能の詳細については公式ページをご確認ください。

 

ちなみにサイトのバックアップはサーバーだけでなく自分でも取っておくのがおすすめです。

WordPressのプラグインに「BackWPup」という無料のプラグインがあります。

こちらをインストールして設定しておくと、指定した時間にバックアップを取ってくれます。

クラウドストレージなどにバックアップを取ることもできますので、ぜひ両方で取っておきましょう。

 

ブログを運営していると十分気をつけていたとしても不具合が発生してしまうことがあります。

そんなときにバックアップがあればすぐに復元できます。

そのため、バックアップ機能は必須と言えるでしょう。

 

  • 自動バックアップ機能が無料で利用可能
  • 保存期間は7日間
  • データの提供も無料

wpX Speedはこちら!

では、wpX Speedにはどのようなプランがあるのでしょうか。

また、どのプランがおすすめなのでしょうか。

wpX Speedのプランの違いとおすすめプラン

acworksさんによる写真ACからの画像

次にwpX Speedのプランの比較とおすすめプランについて解説します。

 

まず、おすすめプランについてです。

結論から言うとこれからブログを始める人はW1プランがおすすめです。

なぜおすすめなのかについては後ほど解説します。

wpX Speedはこちら!

wpX Speedのプランの違い

では、各プランの違いから見ていきましょう

ちなみにwpX SpeedにはW1、W2、W3、W4、W5、W6、W7の7つのプランが用意されています

 

ここでは主に各プランで異なる点のみピックアップして紹介しています。

詳しい仕様の違いについては公式ページでご確認ください。

W1W2W3W4W5W6W7
初期費用0円
1時間あたりの料金2円4円8円16円42円70円112円
月額の上限1,320円2,640円5,280円11,000円33,000円55,000円88,000円
ディスク容量200GB300GB400GB500GB700GB1TB1TB
コア数2コア3コア4コア5コア7コア10コア12コア
メモリ2GB4GB8GB12GB24GB38GB56GB
転送量目安
(月)
2.5TB3.0TB3.5TB4.0TB4.5TB5.0TB5.5TB
MySQL
目安容量
1GB2GB3GB4GB5GB6GB10GB
(※ 料金は税抜で記載しています。)
(参考:wpX Speed公式サイト)

wpX Speedは各プランで主にこのように違います。

 

他のレンタルサーバーとの大きな違いはコア数とメモリ数が記載されているという点でしょうか。

wpX Speedは先ほど「特徴」でも解説したように、リソースが割り当てられています。

そのため、他の共用サーバーと違ってCPUのコア数やメモリが各プランごとに異なります

 

また、wpX Speedは料金の差が大きいかなとも思います

多くの共用サーバーは高くても月額5,000円程度です。

 

しかし、wpX Speedの場合は一番高いプランだと月額88,000円となっています。

これらが他の多くの共用サーバーとの違いになります。

 

  • wpX Speedには7つのプランがある
  • 他のサーバーとのスペック上の違いはコア数やメモリがあるところ
  • 価格差が大きい

wpX Speedはこちら!

wpX Speedのおすすめプラン

ではwpX Speedのおすすめプランについて解説します。

個人的にこれからブログを始める初心者の方におすすめのプランはW1になります。

 

プランを選ぶ目安として、ディスク容量と転送量目安の2つがあります。

 

ディスク容量はブログのデータを保管しておく場所の容量にあたります。

この容量なのですが、200GBあれば十分です。

 

例えば僕の場合、サイトを3サイトほど運営しているのですが、容量は3GBほどしか使っていません

もちろんサイトごとに記事数や画像の枚数等変わってきますので、一概に大丈夫とは言えないです。

しかし、多くの個人ブログの場合、200GBあれば基本的には大丈夫だと思います

 

次に転送量目安ですが、こちらも1ヶ月あたり2.5TBあれば十分です。

 

ちなみに転送量とはサーバーから送受信されるデータ量のことを言います。

例えば当サイトのトップページは「Pingdom Website Speed Test」というサイトで測定してみたところ約2MBでした。

つまり、2.5TBに達するのには単純計算で月に125万回表示されなければいけないということになります。

初心者の方でいきなり月に125万PVのサイトを運営するのはほぼ不可能だと思います。

 

このような点からW1プランがおすすめです。

wpX Speedの場合はいつでも上位プランに変更可能となっています。

ですので、最初のうちはW1プランから始めてみると良いでしょう

ただし、既にサイトを運営している方や、会社規模のサイトを運営している方の場合はもっと上位のプランがおすすめだと思います。

ここでおすすめしたプランはあくまでこれからブログを始める方におすすめのプランとなります。

ご理解・ご了承ください。

 

転送量について詳しくはこちらで解説しています。

wpX Speedはこちら!

まとめ

今回はwpX Speedとはどんなサーバーなのか、また特徴やおすすめプランについて解説しました。

 

wpX SpeedはWordPressに特化したサーバーになります。

そのため、これからWordPressでブログを始めようと思っている方や、既にWordPressでブログをしている方におすすめのサーバーです。

 

また、おすすめのプランはW1になります。

ただし、これからブログを始めるような初心者の方におすすめのプランです。

会社などで大規模なサイトを運営している方にはもっと上位のプランの方がおすすめだと思います。

 

ぜひあなたもwpX SpeedでWordPressブログを始めてみてはいかがでしょうか。

wpX Speedはこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました