<<初心者におすすめのレンタルサーバーはこちら!>>

今話題のレンタルサーバー、ConoHa WING!仕様やおすすめプランなどを紹介

ConoHa WING

 

本サイトはスペック等公開されている情報をわかりやすく解説するサイトになります。
実際に使ってみての感想や体験ではありませんので、ご注意ください。サイト内の価格は税込み表示に移行中です。

最近よく見かけるようになったConoHa WING。

名前だけは知っているけどどんなサーバーなのかは知らない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんなConoHa WINGとはどんなサーバーなのか、仕様やおすすめプランなどを紹介していきます!

 

このページではこんなことがわかります。

  • ConoHa WINGとはどんなサーバーなのか
  • おすすめプラン

ぜひ最後までご覧ください!

ConoHa WINGでキャンペーン実施中

現在ConoHa WINGでは
料金が最大37%オフになるキャンペーンを実施中です!

ぜひこの機会に契約してみてはいかがでしょうか。

キャンペーン期間2021年7月5日12時 ~ 2021年8月4日18時
対象プラン全プラン
内容料金が最大37%オフになる
注意事項
  • 注意点がいくつかあります。ご契約前に必ず公式サイトをご確認ください。

ConoHa WINGはこちら!

ConoHa WINGの概要

(出典:ConoHa WING)

サーバータイプレンタルサーバー
月額料金約800円~
WordPress利用可能
お試し期間なし

ConoHa WINGはGMOインターネット株式会社が運営しているレンタルサーバーです。

 

2018年9月からサービスが開始されたサーバーとなっており、記事作成時点では約2年ほどしか経っていません。

しかし、「国内最速(※1)」ということでかなり人気があり、たくさんのブロガーの方が利用しています。

 

では、ConoHa WINGはどんなサーバーなのでしょうか。ConoHa WINGはこちら!

 

ConoHa WINGの
↓申し込み方法はこちら!(姉妹サイト)↓

 

ConoHa WINGの特徴

Gerd AltmannによるPixabayからの画像

次にConoHa WINGの特徴について解説していきます。

 

ConoHa WINGにはこのような特徴があります。

  1. 国内最速(※1)サーバー
  2. 最低利用期間、初期費用がない
  3. 1時間2.2円~利用可能
  4. WINGパックがお得
  5. リソースが確保されたプランもある

では、詳しく解説していきます!

ConoHa WINGはこちら!

1.国内最速(※1)サーバー

まず、国内最速のレンタルサーバーだという点です。

 

ConoHa WINGは国内最速(※1)のレンタルサーバーとなっています。

そのため、高速なサーバーを利用することができます

 

また、ディスクがオールSSDとなっています。

SSDとはHDDの上位互換のようなもので、HDDよりも高速なストレージです。

また、構成がRAID10という構成になっており、高速で安全に書き込みを行えるようになっているそうです。

 

ConoHa WINGは速さだけでなく、安定性も特徴です。

Webサーバーには「nginx」というものが採用されています。

この「nginx」とは同時に大量のアクセスがあっても高速で処理ができるものになります。

ですので、アクセスが集中しても安定して運営できます。(※2)

 

さらに、ConoHa WINGのプランとして「リザーブドプラン」というプランがあります。

こちらを利用することで、より安定したサーバーを使うことができます

このリザーブドプランに関しては後ほど詳しく解説します。

  • ConoHa WINGは国内最速(※1)のサーバー
  • 大量のアクセスがあっても高速で処理を行える「nginx」というWebサーバーが使われている
  • 「リザーブドプラン」を利用することで、より安定したサーバーを使える

(※1 詳しくは公式サイト下部をご確認ください。)

(※2 100%の安定を保証するわけではありません。)

2.最低利用期間、初期費用がない

Image by Andreas Lischka from Pixabay

次に最低利用期間や初期費用がないという点です。

 

まず、最低利用期間から解説していきます。

最低利用期間とは「最低でも○ヶ月は絶対に利用してくださいねー」という期間になります。

しかし、ConoHa WINGではこのような期間は設けられておりません

そのため、いつでも解約できるサーバーとなっています。

この点はこれから続けられるかわからない初心者の方も安心できるかと思います。

 

また、初期費用も無料です。

初期費用とはサーバーを契約する際に必要になる費用なのですが、ConoHa WINGでは初期費用も無料になっています。

そのため、ブログを始める際に必要となる費用を削減することができます

 

  • 最低利用期間がないので、解約したいときに解約できる
  • 初期費用も無料なので、ブログを始める費用を削減できる

3.1時間2.2円~利用可能

Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像

次に1時間2.2円~利用可能という点です。

ConoHa WINGは1時間2.2円~利用することができます。

 

多くのサーバーの場合、「月額〇〇円~利用可能」というようになっており、最低でも1ヶ月からの契約となることが多いです。

しかし、ConoHa WINGの場合は1時間単位で利用料がかかる仕組みとなっています。

そのため、数時間だけ利用するというような使い方もできるサーバーになっています。

 

これからブログを始めようと思っている方の中には続けられるかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

多くのサーバーは、先述したように先払いで数カ月分の支払いが必要になります。

その場合、もし途中で辞めることになったら先払いした残りの期間の分は基本的には返金されません。

しかし、ConoHa WINGの場合は使った分だけお支払いという形になっているため、これから続けられるか不安な方にもおすすめです。

 

  • 1時間2.2円~利用可能なので、少しだけ使うのにも向いている
  • 使った分だけ支払いなので、初心者の方でも始めやすい

4.WINGパックがお得

次にWINGパックがお得という点です。

 

ConoHa WINGには1時間2.2円~利用できるプランの他に、一定期間の契約となる「WINGパック」というプランが用意されています。

こちらのプランでは3ヶ月~期間を決めて契約することができます

 

期間が決まると不便と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、WINGパックで契約することで、このような特典が付いてきます。

  • サーバー料金が割引になる
  • 独自ドメインが1つ無料で取得できる
  • 契約した初めの月(初月)の料金が無料になる

どれも魅力的な特典になっています。

 

特にサーバー代は最大で33%オフになります。

キャンペーン中はもっと安くなることもあります。

 

ちなみにWINGパックへの変更は1時間2.2円~利用できる通常料金プランからも変更が可能です。

つまり、最初は1時間2.2円~で契約しておいて後々WINGパックへ変更するということも可能ですので、このような方法もご検討ください。

 

  • 一定期間契約するプランである「WINGパック」もある
  • WINGパックで契約するとさまざまな特典がついてくる
  • 1時間2.2円~利用できる通常料金プランから変更することも可能

5.リソースが確保されたプランもある

Photo by Luan Gjokaj on Unsplash

次にリソースが確保されたプランもあるという点です。

 

実はConoHa WINGには共用で使うプランの他にリソースが確保された状態で利用できるプランもあります

それが「リザーブドプラン」になります。

 

このリザーブドプランを使うことで、CPUやメモリなどのリソースを確保してサーバーを利用することができます

通常の共用サーバーの場合は複数のユーザーで1つのCPUやメモリを共有で利用しています。

この場合、同じCPUやメモリを利用している別のユーザーのサイトが重くなってしまうと自分のサイトにも影響がでる場合があります

 

しかし、リザーブドプランの場合は1ユーザーごとにCPUやメモリが割り当てられています

このようにリソースを確保しておくことで、他のユーザーの影響を受けずに常に安定した状態でサイトを運営することができます

 

逆に自分のサイトが重いのでリソースを確保した状態でサーバーを利用したいという方にもおすすめです。

ちなみにリザーブドプランは1時間2.8円~利用することができます。

 

  • CPUやメモリを確保した状態でサイトを運営できる「リザーブドプラン」もある
  • 他のユーザーの影響を受けないため、安定してサイトを運営できる

ConoHa WINGはこちら!

ConoHa WINGのおすすめプランと比較

Image by Arek Socha from Pixabay

では、次にConoHa WINGのプランの比較をしていきます。

 

ConoHa WINGにはこちらの3つのプランが用意されています。

(ここではリザーブドプランは省略させて頂きます。)

  • ベーシック
  • スタンダード
  • プレミアム

結論から言うと個人的には多くの方にベーシックプランがおすすめです。

 

では、各プランの比較をしていきます。

ここでは主に各プランで異なる点をピックアップして紹介します。

詳しいスペックに関しては公式サイトをご確認ください。

ベーシックスタンダードプレミアム
通常プランの料金2.2円/時(上限1,320円)4.4円/時(上限2,640円)8.8円/時(上限5,280円)
WINGパックの料金
(※2)
836円/月~1,925円/月~3,850円/月~
ディスク容量300GB400GB500GB
転送量目安27.0TB/月36.0TB/月45.0TB/月
ドメイン数無制限
データベース数無制限(MySQL)
WordPress利用
自動バックアップあり
サポート電話・メール・チャット
(※2 記事作成時点での価格です。)

各プランの違いとしては表から見て分かるように料金とディスク容量、転送量目安となります。

ConoHa WINGはこちら!

ConoHa WINGのベーシックプランがおすすめな理由

では、なぜ個人的に多くの方にベーシックプランがおすすめなのかについて解説していきます。

ここでの多くとは初心者の方や一般のブロガーさんを想定して解説していきます。

 

まず、ディスク容量と転送量目安をピックアップして解説します。

こちらはそれぞれこのようになっています。

ベーシックスタンダードプレミアム
ディスク容量300GB400GB500GB
転送量目安27.0TB/月36.0TB/月45.0TB/月
(※2021年1月31日追記 転送量目安は2021年1月29日に増量されました。)
(※ 2021年2月26日追記 ディスク容量は2021年2月26日に増量されました。)

ここだけ見るとディスク容量や転送量の多いスタンダードやプレミアムがいいように見えるかもしれません。

しかし、どちらもそこまで大量の容量は必要ありません

WordPressでブログを運営するのであれば個人的にはディスクは50GB程度、転送量も1TBあれば十分だと考えています。

 

では、なぜそれくらいでいいのかについて解説していきます。

ConoHa WINGはこちら!

ディスク容量

ハイシィさんによる写真ACからの画像

まず、ディスク容量から見ていきましょう。

ディスク容量とはブログの文章や画像、サイトのデータなどほぼ全てのサイトのデータを保存するのに必要な容量です。

今あなたが見ているこのサイトもディスクに保存されているものになります。

 

このように聞くと「容量がたくさん必要そう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそこまで気にしなくて大丈夫です。

文章や画像というのはそこまで容量が大きくありません。

例えば文章であれば約50万文字で約1MB、画像であれば1枚約3MBだそうです。

ですので、50GBに到達するのにも毎日画像を数枚つけたブログを更新したとしても数年はかかるかと思います。

つまり、1つの記事に大量の画像を載せたり大量の文章を書いたりしない限り容量をそこまで気にする必要はないということになります。

 

  • ディスク容量はサイトのデータを保存するために必要な容量
  • ブログではそこまで容量を消費しない
  • 毎日ブログを書き続けたとしても50GB消費するだけでも数年かかると思われる

転送量目安

Image by Gerd Altmann from Pixabay

次に転送量目安です。

転送量とはブログなどのデータをサーバーと通信する際にかかるデータ量のことです。

例えばあなたがこのブログを開いた際にサーバーからあなたのスマホやパソコンへデータが送信されています。

この送受信にかかるデータ量の合計ことを転送量と言います。

 

この転送量もそこまで気にすることはありません。

例えばこのサイトのトップページの容量は約2MBとなっています。

 

そのため、1.0TB消費するのにも1ヶ月あたり約50万PV、ベーシックの27.0TBを消費するのには1ヶ月あたり約1,500万PVが計算上必要になります。

もちろんサイトの構成や画像の量などによって異なってきますが、ベーシックの転送量をマックスで消費しようとしても膨大なアクセス数が必要になるでしょう。

ですので、こちらを見てもベーシックで十分なことがお分かり頂けるかと思います。

 

  • 転送量はデータの送受信時にかかるデータ量
  • 1ページ2MBの場合、100GB消費するにも約5万PVが必要になる

料金

Nattanan KanchanapratによるPixabayからの画像

最後に料金です。

料金はそれぞれこのようになっています。

ベーシックスタンダードプレミアム
通常プランの料金2.2円/時(上限1,320円)4.4円/時(上限2,640円)8.8円/時(上限5,280円)
WINGパックの料金836円/月~1,925円/月~3,850円/月~

ベーシックとスタンダードの料金を比較しても2倍も金額が変わってきます。

 

先程も解説したように容量や転送量で見てもほとんどの方がベーシックで十分かと思います。

ですので、このようなことから個人的には多くの方にベーシックが一番おすすめです。

プランは一度申し込んだあとでも変更可能ですので、最初はベーシックで使ってみて足りなければ上位プランに変更してみるのも良いでしょう。

 

ただし、毎日超大量のアクセスが集まる大規模なウェブサイトを運営する場合はスタンダードやプレミアムの方がおすすめな場合もあります

その場合は各項目をしっかりと比較して自分のサイトに適切なプランを選んでいただければと思います。

ConoHa WINGはこちら!

まとめ

今回はConoHa WINGとはどんなサーバーなのかについて解説してきました。

 

ConoHa WINGはこのようなサーバーになります。

  1. 国内最速(※1)サーバー
  2. 最低利用期間、初期費用がない
  3. 1時間2.2円~利用可能
  4. WINGパックがお得
  5. リソースが確保されたプランもある

 

また、プランは個人的にはベーシックがおすすめです。

 

ぜひあなたもConoHa WINGでブログを始めてみてはいかがでしょうか。

 

ConoHa WINGでキャンペーン実施中

現在ConoHa WINGでは
料金が最大37%オフになるキャンペーンを実施中です!

ぜひこの機会に契約してみてはいかがでしょうか。

キャンペーン期間2021年7月5日12時 ~ 2021年8月4日18時
対象プラン全プラン
内容料金が最大37%オフになる
注意事項
  • 注意点がいくつかあります。ご契約前に必ず公式サイトをご確認ください。

ConoHa WINGはこちら!

 

ConoHa WINGの申し込み方法はこちら!(姉妹サイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました